auからBIGLOBEモバイルへ乗り換えたレビュー良かったこと悪かったこと

auからbigguroモバイルに乗り換えた理由

通信費を下げる事で毎月の固定費を減らして家計を楽にしたい!

夫婦二人に4月からはこどもも携帯電話が必要になりそうと差し迫った時に仮にもう5千円毎月出費が増えるのは・・・やっぱりきびしい><;

格安simの契約って面倒くさそう(そもそも乗り換えも面倒くさい)と思っていた私の後押しをしてくれたのはやむにやまれぬ家計の事情でした

そんな面倒くさがりの私にもちゃんと乗り換えができたし

乗り換えたことで良かったこと悪かったことをお伝えしてbiblobeモバイルを検討している人への一助になる情報を提供できたらと思っています

 

biglobeに乗り換えてよかったこと、メリット

通信費が下がった!

とにもかくにも格安simの最大のメリットといえばこれだと思います

具体的にわたしの家計では夫婦二人で

夫 約8000円→約2600円(キャンペーン適用せずの料金) 5400円の節約

妻 約6000円→約2100円(キャンペーン適用せずの料金) 3900円の節約

家計でいうと約一月9300円の固定費の見直しに成功です

年間にして111600円もの節約になる計算です

我が家に関して言えばの乗り換えの初年度でbiglobeのキャンペーンを考慮せずとも機種のローンと違約金を払ってもお得なる計算でした

実際には数か月のキャンペーンが当時適用され月額利用料500円の月もあったので実際はもう少しお得になっています※1

キャンペーンは都度かわるので現在のものはこちらで確認をしてください

違約金が二人で20000円機種の残金が約47000円、約67000円

違約金とローンを払ってもまだ 111600-67000=44600円 お得感が出る感じでした

そもそも機種の代金でお得感を出してくる会社も多いですがわたしは「分割だとしても最終的に払わなければならないコスト」と考えることにしました

なので機種の金額はあまり気にせず通信費がどうなのかというところに焦点をあてて考えてみるとやはり格安simのお得感はすさまじいものがあります

最初は確かに大変かもしれませんが、大手キャリアの中や同じキャリアの中で見直しをしても実質そこまで料金が変わらないことが多いと思います

はじめさえ乗り切れば

毎月何千円かの節約がそれ以降は普通に生活をするだけで出来ます

つまり節約の自動化ができることになります

エンタメフリーで通信制限を気にしなくてよくなった!

わたしの場合動画をよく観ていたのでエンタメフリーオプションに興味がありました

結果を先にお伝えするとエンタメフリーオプション、大満足です

個人的には画質、速度、価格の3点から考えてコスパ最高と思っています

通信制限を気にすることなく動画配信を楽しむことができるのはわたしの性格にとても合っていてストレスフリーな環境で動画配信を楽しんでいます

個人的な感想になってしまいますが、youtubeでは多少の再生待ち時間があるものの途中で止まるということもなくストレスなく観る事ができています(愛知県民、そんなに田舎ではない場所在住のはず…の感想です)

au時代のプランでは通信制限を避ける為に少し余裕のあるプランに加入していました(性格上使った分だけ料金が上がるプランもあっていなかったのでギガも料金も固定のプランでした)

画質、通信速度はもちろん、ギガの不足には陥りませんでしたし、月末も残りのギガ数を気にしないといけないようなプランではありませんでした、が…やはり良いものにはそれなりの価格もついて回ります

それが月額480円(音声simの場合)で手に入るなんて・・・!

2019.12月現在youtubeをはじめabemaTV、U-NEXT、などの動画配信サービスやradikoやyoutube Music、などの音楽、ラジオ配信サービスなどなど21のサービスがカウントフリーになっています

なにかひとつでもよく使うサービスがありギガを大量消費されているなら考慮してみる価値はあると思います

詳細の確認は下記ボタンから公式HPで確認してください

biglobeモバイルの通信速度は体感的に問題なくよかった

2019年5月以降biglobeモバイルを使い始めて半年以上経つせいでしょうかau時代と比べると通信速度は落ちているはずでしょうがほぼ気になりません

わたしはiPhoneのスクリーンタイムによると平均6時間(まじすか)調べもので検索を平均1時間/日行うようです

ですがお昼時間などの込み合う時間以外はさして速度の遅さを感じません

契約前はあまりに不便だったらどうしようと二の足を踏んでいた気になる点だったので体感的に問題なくてよかったなと感じています

デメリット

使っていてデメリットと感じる事

回し者と後ろ指さされそうですが、契約して使用しはじめてしまえば特に困ったり問題を感じる事はありませんでした

メールなど不慣れな両親に今までのメールが使えなくなったのでショートメールで代用してねと説明するのに時間が少しかかったことでしょうか・・・(とても迷惑メールフィルターの設定をしてねとか頼めませんでした)

個人の感想なので一般的なデメリットも上げていきます

エンタメフリーは画質制限があります

高画質で動画配信を楽しみたい」という人には不向きであると思います

通話料半額になる無料アプリ「biglobe電話」ですが履歴からかけなおす時はコピーしてからアプリを操作とひと手間があるといったところでしょうか

乗り換えの手間が一番のデメリットだったといえるかもしれない

使用しているときよりもやはり乗り換えの時が一番大変だったと思います

キャリアメールが使用できなくなるので登録の変更

もうあまり使用していなかったのでほとんど手間ではありませんでしたがそれでもいくつかのサービスで登録しなおしました、基本的に同じような作業になるので段々と慣れて苦ではなくなりました

違約金が発生しないのは2年目で1年目ですと違約金が発生します事件

笑っちゃいますけど乗り換えしようとした年が2年目だとおもい妻は更新月まで数か月待ったんですが結局2年目じゃなかったので違約金払いました笑

MNP(ナンバーポータビリティ)をゲットするための電話

わたしはすんなりいきましたが、奥さんは手こずって2回くらいかけてました

  1. 契約を続けていただくとキャンペーンがあります
  2. 契約解除の日にちにだと○○日のほうがお得です

などなど、新規を獲得する一方であいても商売ですので顧客を手放さないように色々対策をねられております

1、に対しては自分がどのくらい月々と年間お得になるのか前もって計算しておくと相手の提示してきたキャンペーンと乗り換えのどちらが得かを判断できると思います(契約を解除させないことが相手の目標ですのでどちらが得とは言ってくれませんので自分で判断できるといいと思います)

2、はもう年間で何万円と節約できるのですからやれるときがやり時と割り切った態度でいきましょう(1円も取りこぼしたくないと自身がおもうのであれば得な時に解除すればいいと思います)

最初の設定は自分で行う

これもよくデメリットにあげられるものですが、わたしの場合はMNPの開通を抜かして焦りましたが、気が付いたらそれもスムーズに行うことができました、送られてくる説明もわかりやすかったです

biglobeモバイルに乗り換えてのまとめ

通信費を下げたい!固定費を下げたい!と思い

乗り換えを行い通信速度の心配はあったもののそこまで速度や安定を必要としない使用環境もあり大変に満足しています

大手キャリアを高級車に例えるなら格安simは軽自動車といった感じでしょうか…笑

我が家の場合は費用対効果を考えた結果大変に満足のいく結果となっています

少しでも固定費の見直しを考えている方は最初の一歩が大変かもしれませんがやってみる価値は十分にあると思います

MNP(ナンバーポータビリティ)でbiglobeモバイルに乗り換える手順を画像付きで解説