menu

【行動策】元ひきこもりの看護師が解説する最小から始める自尊心の高め方

【行動策】元ひきこもりの看護師が解説する最小から始める自尊心の高め方

こう
元ひきこもりで看護師のこうです
今回は自己肯定感の超低い子だった自分が自己肯定感を育てて
自信を取り戻した体験を踏まえつつ
この記事に興味をもっていただいた
おそらく、自分に自信が持ちにくい方へ、自信を育てたい方へ

自尊心を育てるために必要な具体策をお伝えしていきます

自尊心のが高いか低いかではなく「有るか無いかの差である事を知る」
自尊心を育てる為に「脳というシステムを理解し味方につける」
自尊心を育てる為に「今出来る最小の事からやる」
【トラウマや人間関係から守れ】育ち始めた自己肯定感の守り方

をお伝えしていきたいと思います

読んでいただける方に寄り添っていきますが

「自分自身の性分に合っていそうだな」と思う方は是非実践していってください

合いそうでなかったり、そんな気分じゃなかったら

やらない方がいいかなとも思いますし

タイミングが合った時にチャレンジしてみてください

こう
わたしはこの方法で
「きえちゃいたい」という心理状態から
脱出できました
時間はかかったので誰かの時短に繋がればいいなと
思っています

自尊心ってそもそも何?簡単な解説

先ずは自尊心とはそもそもなんなのかということですが

ウィキペディアから引用してきました

読み飛ばしてもらっても結構ですw

要約すると

自尊心があるということは

自分の価値を自分で認めている】状態ということになります

もしもあなたが

自信がなかったり

自分の価値を認められない状態にあるならば

今一度自信を取り戻す、もしくは自信を手にするために一緒に立ち上がりましょう

自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである。

つまり、一時的に快感を与える、知識、技術、財産、結婚、慈善行為や性的な征服、容姿から生まれるものではなく、

言い換えれば、外に求めることでも、人に与える印象でもない。

競争でも比較でもなく、自尊心の重要な原因は自分とも他人とも戦っていない状態である。

その起源には、幼いころに大人から尊重され、価値を認められたか、励まされたかといったことがある。

しかし、最も重要な影響があるのは、自分自身で選択したということである。

言い換えれば、自分の可能性を実現したいという気持ちから、生き方を変えるということから自尊心が育まれていく

自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

理想の状態が自尊心が高いか低いかではなく「有るか無いかの差である事を知る」

まずは理想の状態がどのような状態であるかの確認から始めたいと思います

自尊心が高いか低いかではなく「有るか無いかの差である事を知る」

よく自尊心を高低で評価したり、表したりしていると思います

他者が評価をして支援していくにはそれが適切だと思いますが

自尊心が高いとか自尊心が低いなど一般的には高低にしてみれるものではない

自尊心が高いとか

自尊心が低いなど

一般的には数値にしてみれるものでは無いのではないでしょうか

自分に厳しかったり

評価してくれた他者へのの猜疑心が強かったり

そもそも自尊心が低い事で十分な成果を自己評価できない

ジレンマに陥っている可能性もあります

認知が歪んでしまっていると正確な評価が困難でしょうがないと思います

セルフケア的に自尊心を伸ばしていく選択肢をするならば

高い、低いではそもそも評価しにくいのです

 

なので、理想の状態、目指すべき状態を以下に設定する事が

セルフチェックしやすく、今の自分を評価しやすい方法かなと思います

自分の自尊心を簡易的にセルフチェックする質問

自分自身にひとつ質問します

自分に自信はあるか、自分の事を認めているか

ある、なしで答えます

質問の内容が広義で曖昧なので「ない」と答えたくなるかもしれません

「ない」と答える理由も意味もいくらでも探せます

ですが、こころに従っているだけでしょう

「ある」と答えられる場合も同じです

自分は騙せない

これが正直なところではないでしょうか

なので、「自尊心がある」状態であればこのような多少曖昧な質問であっても

「ある」と答えられるでしょう

卵が先か鶏が先かという話ですが

結局自分で自分を認めているかどうかなので、このような感覚的な話になってきます

結局のところは自分で自分を認められていればOKなんだから

自尊心の高低より

ある、なしの方が自分に自尊心が備わってきているかどうか判断しやすいという話をしました

「だから、自信ないんだよ」とか

「自信なんてどうやって身に付くんだ・・・」

そう思う方もいらっしゃるとおもいます

こう
わたしはそうでした

理想の感覚を知るために万能感を思い出してみる

少し横道にそれます
感覚の話になってしまいますが
ちょっと昔を思い出してみてください
こどもの頃のにはみなさん、自信満々ではなかったでしょうか
万能感という感覚なんですが
思春期以前の感覚で「自分はなんでも出来る、なんにでもなれる」という感覚です
実際には乗り越えなければならない課題でもあるので
この感覚がないのは悪い事ではありませんが
自尊心を失っている今、当時の感覚を思い出すのも悪くないかもしれません
(没頭しすぎてもいけませんが、おそらく自尊感情の低い状態であれば大丈夫でしょう)
みなさんはどのあたりで現実に打ちひしがれて
万能感を捨て去ったでしょうか
私は小学校一年から二年くらいに失い始めたので
万能感の感覚を思い出すには幼児期まで戻る必要あります
当時は大きく感じた保育園の園庭を走り回っていたあの時です
みなさんも思い出してみてください
なんにでもなれる気がしていた時のこと
まさに、無敵だった時のことですね
感覚だけなんとなくよみがえったでしょうか、想像できたでしょうか
あの時は幼く、現実をしらなかったがゆえに抱けた感覚でしょう
どうでしょうか、少しは思い出せたでしょうか
今度は、その自信に満ち溢れた万能感を
自尊心に変換して手に入れていかなければなりません
現実を知りつつも自身を手に入れていくことが
自尊心を育てていくためには必要です
そのためのステップに移っていきましょう

自尊心を育てる為に「脳というシステムを理解し味方につける」

脳のシステムも過去に比べればより、理解されてくるようになりました

頭のいい人たちが唯物論や唯心論を議論していた世の中を思えば

進歩を感じられずにはいられません

せっかくなので解明されている

おおよそ実践できそうな脳機能は是非つかって

自尊心の芽吹きを助けていきましょう

【脳のシステムを理解する】負の記憶を長期記憶に入れないようにする

長期記憶に負の記憶を入れてしますデメリット

強烈な失敗や嫌なことを後日思い出して嫌な気持ちになったり

思い出したことで奇声を上げる事ありませんか

こう
わたしはひとりのときに
思い出し奇声をあげる派です
よろしい状態ではないですよねw
必要なことならまだしも
もうどうしようもない事を思い出しては
過去に囚われこころ乱されているのはよい状態ではありません
不必要に負の記憶を長期記憶に入れることは避けましょう
なぜなら、不要な負の感情を呼び起こし
自尊心を傷つけるからです

長期記憶に記憶が入っていく仕組み

人間の記憶は短い記憶、長期記憶にわけられています

記憶をしまう場所が違うのです

ちょっとした計算なんかは短期記憶に入り

長期記憶に入らなければ

忘れていってしまいますよね

わたしは失敗や反省点などを良く寝る前に思い出してはひとり反省会をしていました

そのせいで不眠になったりもしましたが

もうひとつ、ひとり反省会の悪い効果として

その出来事が長期記憶に入るということがあります

長期記憶に記憶を留めやすくする方法として
  • 復習する
  • 感情を呼び起こす

などがあります

嫌なことはせっせと思い出しては

不眠になってまで負の記憶を長期記憶に保存しようとするのですから

難儀な性格でした

こう
過去の自分に
「ひとり反省会やめて」
と声を大にして言いたい

考えや記憶を打ち消して長期記憶から消去してしまおう

真面目な過去の自分や、あなたは

失敗と向き合い、トラウマを克服しようとして

不必要と思われるものまで思い出しているとします

やめたほうがいいです

でも、習慣や癖になっていたり

不意に浮かんでくる嫌な考えや記憶に囚われているかもしれません

そんな時におすすめの方法を紹介します

超単純です

前提としてまず

考えが浮かんでしまうことで自分を責める必要はない

そう自覚しましょう

次に嫌なこと思い出してこころがのたうち回りはじめたら

(なんなら実際にのたうち回ることもあるかもしれません)

「今の考えなしなし!」

これ一択でOKです

長期記憶に入る事を防ぎ

長期記憶に入っていたとしても度々出てくる頻度を下げる事ができます

「今のなしなし!」と考えを打ち消していきましょう

事実は消えませんが

記憶からはある程度消せますので

不必要に自分を責めることのないよう

不必要な負の記憶をしょい込みすぎない方法になります

こう
こんなことかよと思うかもですが
超有効です
是非お試しください

【脳のシステムを理解する】あなたの言葉を脳は聞いている

あなたの脳はあなたの言葉を聞いています

  • 否定の言葉には否定されたと認識し
  • 肯定の言葉には肯定を認識します

少しひねくれていたり、自尊心がないと

言葉にフィルターがかかり

そのまま受け取れなくなったり

悪いものは増幅して受け取ったりします

無理やりポジティブになる必要はないが事実を声にだす

無理にキラキラしたワードをだして「やっぱり無理」となってしまうくらいでしたら

無理にポジティブなワードで脳を騙す必要はありません

しかし、あえて否定的になる必要はありません

何かを成し遂げたら素直にそのことを認めましょう

わざわざ他人と成果を比べる必要はありません

比べる必要のある事だとしても成果は成果です

行動は行動です

しっかりと「事実を認めます」

認知を歪ませる必要はありません

些細なことでも自身を認めていきましょう

「これは出来たな」

「ひとつ出来た」

そういう認識をもっていきます

なにかと比べてより上位でないといけないのであれば

世界一になるまで

あなたの認知は許してくれません

自分自身をまず認めることから始めたほうが

健康的であることは間違いありません

こう
プロと比べたら大したことない
とかね、、、よく思ってました
今は、素直に自分を認めます
「今日も記事も書けたからえらい」

自尊心を育てる為に「今出来る最小の事からやる」


次に具体的に取る行動のプランを提示していきます

ひとによって自尊心を育てる方法は違って当然と思いますが

大きな指針としてまずは

今すぐ出来る最小の単位から始める

今すぐ出来る最小の単位から始めるとは

具体的にどういう事かというと

言葉の通りもっとも小さいことから始めていきます

例えば

    勉強を頑張りたいのであれば
    教科書を広げる
    筋肉をつけたいのであれば
    一回腕立て伏せを行う
    働きたいのであれば
    就職先を調べる
    働きたいことを誰かに口にする
    仕事であれば
    一日ひとつなにか改善してみる
    そんな事から始めてみましょう

行動がともっなていればOK

    あなたが、最も小さいことから始めようと言われて
    思いつき
    さらにそれを最小単位まで分解してみたものなら
    なんでも大丈夫です
    人はついつい大きな目標や理想を掲げてしまうので
    大層な目標はまずはいりません
    つまづく元です
    心の底からコレがやりたいとか
    コレが自分の目標だと天啓のように思うものでなければ
    あんまり無理に目標立てなくても大丈夫です
    とりあえず、何かを始めながら考えましょう
    行動する事こそが
    小さな失敗を重ねられ
    小さな成功を重ねてていく事ができます
    自尊心を高めていってくれます
    小さな成功体験を重ねましょう
    なかなか漫画やドラマのように
    大きな成功体験は起きません
    きっと失敗が恐ろしい段階なので
    大きなチャレンジよりも
    小さなチャレンジの方が気が楽なはずです
こう

わたしはそうでした

小さな成功体験がこころを救う

小さな行動を積み重ねることで

小さな成功体験を積み重ねることができます

最初は習慣になるように

自分の行動をしっかり評価していきましょう

褒める方向で

とにかく何かを積み上げていきます

どんなに小さくてもこれが大変かもしれません

しかし、記憶をある程度操作できることはあっても

こころは操作出来ません

なので自身のこころが自分を認めるまで

コツコツと続けていきましょう

自分自身の評価が裏返る日は

続けていることでいずれやってきます

体験談はこちら

元ひきこもりが神様や天啓を感じて心軽やかに生きていけるようになった話

続けるためのコツをいくつか紹介していきます

小さな習慣で脳を習慣をコントロールする

習慣の本はたくさん出ています

いくつか読んだ中でキャッチ-で継続がしやすく

根拠立てて説明されているものといえばこの一冊かなと思います

小さな習慣

モチベーションに頼らない習慣化について書かれています

毎日がいいに決まっているけれど途中で途切れてもマイナスではないと知る

自分は喫煙者でしたが禁煙して7年くらいになります

なかなか止められなくて

禁煙に失敗するたびに

禁煙は無理なのかな、失敗を積み重ねてしまっているな

と思っていましたが

これは完全に忘れてしまったのですがなにかで読んだ記事に

禁煙を失敗しても「禁煙力は積み重なっている」といった

ポジティブな記事を読みました

わたしの脳みそは単純なようで

経験値がどんどん上昇しているのかとそう感じてくれました

そして、次の禁煙で見事にやめて7年経ちます

なので、無駄はありません

何かを初めて

何かを挫折することもあるでしょう

途中で投げ足すこともあるでしょう

しかしあなたには

経験値が積み重なり

「成功力」や「継続力」が上がっている段階です

心配せずに次の一歩を踏み出しましょう

同じことでなくてもいい没頭できることを探す

これは初志貫徹せずとも良いということです

何かにのめりこむのも継続することも良い事ですが

ある程度で見切りをつけてしまうことや、次のことに興味をもつこともあると思います

あまり固執せずにどんどんチャレンジをしていきましょう

違うスキルやチャレンジが繋がって

自身に結びつく瞬間もあります

【トラウマや人間関係から守れ】育ち始めた自己肯定感の守り方

この記事をここまで読むあなたには

変化したいという気持ちがあるに違いありません

それこそが行動の源泉であり

才能であり

変化をもたらし、

自尊心を持つこと

自尊心を取り戻すことにつながります


自分にとって悪い環境や人からは距離を置くべき

しかし、世の中応援ばかりではありません

悪意がある場合もありますし

悪意なく足を引っ張ってくる人もいます

わざわざあなたの足を引っ張る人と付き合う必要はありません

距離がとれるならすぐさまとりましょう


環境を変えるだけで輝ける人はたくさんいる

あなたもその一人です

あきらかな毒でなくとも

あなたのこころを侵してくる人もいます

上手に距離をとり環境を変えていきましょう


具体的に距離をとるべき相手や環境とは

パワハラ上司は論外です

あなたの人生に必要ありません

慣れる必要もありません

あなたの為に言っているとか

やる気をもちだして説教してくるとか

怒鳴るだけでももう必要ないですね

パワハラ上司は無能の塊です

パワハラ上司を放置している会社も無能の塊です

部署移動が叶わないなら

さっさと転職しましょう

価値観が違いすぎる会社

仕事ではある程度は会社の方針に従う必要がありますが

あなたの価値観と大いに違いがあるのであれば

お互い不幸になるだけですので出来れば部署移動や転職を考えるべきです

あなたの自尊心を削ってくる言動をとってくる人も論外

  • 仕事以外で価値観や行動を押し付けてくる人
  • やる気という評価不能のワードで干渉してくる人
  • あなたの行動を否定ばかりしてくるひと
  • マウントをとってくる人
  • 能力を否定してくる人(そんなこともできないの?

一緒にいても得なことはないです

無理に付き合う必要はありません

むしろ害悪でしかありません

自尊心が低くなっている時には

混ぜるな危険としかいいよ言うがありません

例えそういった人と離れても

ひとりではありません

傷をなめあうような関係だけではなく

手を伸ばせばたくさんの人がいます

あなたの環境や人間関係は偶然から始まっている

たまたまの環境です

たまたま、生まれた家が

学校が

知り合った人が

職場がそうだったのです

辛い事もありましたが

あなたが勇気を出せば少しでも環境を選べる立場であるなら

小さな挑戦とともに

いつかは環境も変えてしまいましょう

どの世界に環境に身を置くか

選んでいいんです

中世のように移動は制限されていません

こう
不登校のときのわたしは
一度働きにでましたが
三年遅れで
高校に通いなおしました
こう
職場で心身壊したけたので
転職しました
よく聞く話ではあるとは思いますが
こんな自分でも選べることは
つたなくとも選択してきました
自分でもできたのできっとどなたでも出来ます
あなたの勇気を応援しております

必要以上の反省は不要

自尊心が無いと思っている方は

責任感が強い場合や

人の意見を素直に聞き

賢く、事の顛末を想像できる人である可能性があると思います

PDCAサイクルを回す必要はあると思いますが

刑事事件を起こしたとかではない限り

自分の人格を否定するような反省は不必要です

こう
わたしも
「なんてダメな奴だ」
と自分を罵ってました
が、客観的に考えるとそんな反省必要なくないですか?
むしろ逆にそういう人がいたら
そんな風に自分を傷つけなくてもいいんだよ
って声を掛けるのではないでしょうか
なのに自分のミスには厳しかったりします

他者と自分を同等に大事にする考えが大切

実質は自分の方が大切でいいとは思いますが(正直)

自分も他人も同等に大切にしていく必要があります

これはどちらが高すぎても

低すぎてもいけません

自尊心が無くなっていると

自分なんて・・・

と他者優位になりがちです

自己犠牲のギバー(与える人)は与えるだけ与える

搾取されるだけされると

それで力尽きてしまいます

相手も自分も良くなるwinwinの関係を目指しましょう

にこやかに近寄ってくる

奪うだけの目的の人とは距離をとりましょう

テイカー(奪う人)はあなたの様な人を狙っています

元ひきこもりの看護師が解説する最小から始める自尊心の高め方まとめ

自尊心を失くしてしまう

自尊心をいままで持てなかった

そんな人もいると思います

自尊心を持つことが出来れば

必要以上に自分自身を責める事も減り

落ち込むことから立ち直ることも今までよりずっと楽になります

結果を出せば自尊心はもてます

その為に必要なことは

自尊心は正しく行動すれば持てるという知識と

結果に結びつく小さな行動

その積み重ねです

今日、明日どうにかなるものではないかもしれませんが

自尊心も何年もかけて失っていったはずです

時間はかかるかもしれません

ですが進めばきっと手に入ります

自尊心を感じて手にしたと思うのは自分のこころです

自分で認められる行動を小さく始めていきましょう

あなたの勇気を応援しています

最後までお付き合いありがとうございました

関連記事

元ひきこもりが神様や天啓を感じて心軽やかに生きていけるようになった話

押していただけると、わたしよろこびます

ブログランキング・にほんブログ村へ