【貯金の仕方】月々の貯金額を5千円増やす方法を具体的に解説

【貯金の仕方】月々の貯金額を5千円増やす方法を具体的に解説

どうもみなさんこんにちは

貯まらない通帳の額に悩みをはせている人
貯金額が増えていくのが楽しくて通帳をみてにやにやしてしている人
思わぬ出費に頭を悩ませる人
大きな買い物の頭金ででていって手に入れるものの大きさの反面今後のローンの支払いと残高に不安と期待を持っている人
お子さんのことを考えて貯金もしなければななんて考える人

色々な理由はさてあれど

貯金をしたい人がこのページを開いたと思います

ここでは具体的に確実に

月々の家計から約五千円を捻りだして貯金できる方法を説明していきたいと思います

最初は大変かもしれませんが、一度やってしまえばほぼ同じ額を毎月節約できる方法になります

ぜひ、行動に移して月々5千円の出費を抑えて、「貯金」してください

それでは是非最後までお付き合いください

【貯金の仕方】前提として固定費を知る

まず前提の考え方として生活していくには固定費と変動費があります

ざっくり説明させていただくと

毎月必ず使われる金額
必ずの出費でないもの
出費が増減するもの
固定費の例としては
家賃
保険
小遣い
ローン
光熱費の基本料金部分
通信費
変動費の例としては
食費
水道光熱費の使用料金
娯楽費
美容、衣類
医療
冠婚葬祭
などがあげられます、イメージつくでしょうか
固定費がキーワードになりますので、今だけでも是非覚えてくださいませ
固定費とは毎月必ず使われるお金のこと

【貯金の仕方】貯金額を増やすにはまず固定費を見直す

色んな貯金の方法があると思います

・お釣りを貯金箱にいれる、小銭貯金

・ポイントを貯めていくポイント貯金

・生活した上で余剰金を貯めていく方法


ここでは「なんとなく」ではなく具体的に意図的に貯金額を増やす考え方に焦点を当てていきたいと思います

必ず、消費している固定費を見直すことで、毎月節約していき

その節約した部分を貯金に回していきます

このメリットは大きく二つあります

必ず毎月出ていくお金を節約した金額だけ必ず毎月節約できる

一度節約してしまえば、その後にかかる手間がない

この二点から固定費を節約することは、変動費を節約するよりも破壊力が大きく、さらに手間がかからないようにできます

なので、節約をしたい、貯金額を増やしたい場合はまずは最初に固定費を見直していきます

一見節約しやすいのは変動費だけど、効果が大きく節約しやすいのは固定費

電気を小まめに消そう

水がもったいないからシャワーを使わない

かさが増すように風呂にペットボトルを沈めておく

安いスーパーで買い物

お弁当作ろう

水筒をもつ

先月使いすぎたから、今月は遊びに行くのは控えよう

変動費の節約は、このようなところではないでしょうか

変動費の節約のメリットデメリットですが

手を付けやすい
やりやすい
その場ですぐできるものが多い
継続するには毎回毎月行う必要がある
効果が薄い、効果が分かりにくい
生活行動に直結していて窮屈な感じがひとによってはする
一緒に生活している人が一緒に行動してくれないと効果が薄い
一緒に行動してくれない場合、関係の悪化を招くことがある

などがあります

節約よもやま話
「無駄なことはやめよう」
そう思って家族に電気消そうね、無駄に水を使うのやめようね、なんて言ったことある人も多んじゃないでしょうか
わたしもそのひとりですし、いまもそのひとりです
不夜城じゃなんですから電気消せばいいじゃないですか
でも、子どもも奥さんもなかなか消さない、忘れちゃったりするんですよね
子どもに関しては
「暗いところが怖い」という明確な理由もあって消さずに移動しているところもあるようですが
忘れちゃうのはやめようよと、電気を消す習慣作りに日々励んでおります
まあ、なかなかうまくいかない日々です(笑)
声をかけていくのはずっとしていこうとは思っていますがよくないなと思うこともありまして
ついつい、あたっちゃうことがあるってことです
わたしの言っていることは、方向としては間違っていないんですが、その正しさに甘えて
ついつい
厳しい言葉を浴びせたりしちゃうことあります
豊かに生活するために、不必要なものを節約しているはずなのに、目的と手段がいれかわり
「節約しない家族」に嫌になったり、自分のどこかにたまったストレスの発散口にならないように
家族と過ごすことの大切さ忘れないようにしたいものです

でも、「使ってないところの電気は消してほしい」(笑)

固定費節約のメリットデメリット

固定なので節約できれば節約額も固定される
毎月必ずなので節約の効果が大きい
年単位で継続できるので積み重ねると大きな額になる
一度節約の仕組みになってしまえば、節約する手間がかからない
最初に手間がかかる
節約する固定費によっては生活が変わる
必要だと思っていて支払っているものもあるので、考え方見方を変える必要があるものもある
例えばですが
家賃は大きな固定費で
家賃を8万→6万に下げる事ができれば、月々2万
一年で24万の削減になります
大きいですが、家賃を下げるとなると、引っ越しなど生活が変わる大変さがあります
(引っ越しなどにかかる費用もありますし)
ここではもっと生活に影響が少なく、かつ効果が高い節約先として
通信費を上げたいと思います

【貯金の仕方】家計のどこから5千円節約するのか、手の付けやすいのは通信費

家計のどこから、特に固定費のどの部分から節約していこうと考えた時に

もっとも手がつけやすいものとして、通信費、スマホ代があります。なぜスマホ代が手が付けやすいのかを解説していきたいと思います

先ずは前提として、携帯電話の契約件数はすでに携帯電話の契約数は1億8,096万、軽く日本の人口を超えております

みなさんも当然のようにスマホをお持ちではないでしょうか、しかし、この携帯電話の入り口は圧倒的に三大キャリアと呼ばれる

docomo、au、ソフトバンクといったいわゆる、三大キャリアの契約が多くなっています

テレビCM、実店舗どこを見ても三大キャリアばかりです

しかし、最近これ以外の携帯電話会社のCMを見る機会が増えてきていないでしょうか

ワイモバイル、楽天モバイル、UQモバイル、マイネオといった格安sim会社です

大手キャリアから、これらの格安sim会社に乗り換える事によって

月々5千円の節約を行うことが可能になってきます

わたしも最初は

キャンペーンがあるから一時的な下がり方なんだろう

と思っていましたが

これが大きな間違いでした

割引やキャンペーンが終わったとしても

そもそもの通信費がまさに文字通り

格安です

単身世帯でなければ複数の契約をしているのでその破壊力も大きくなっていきます

大手キャリアも通信費の見直しを定期的におこない、様々なキャンペーンや割引などをおこなっていますが

最低の使用料金は期間制限のある割引をのぞいてみると大体5000円~7000円をくらいではないでしょうか

端末のローンの一部支払いなどで分かりにくくなっている場合も多いですが

携帯電話の通信費だけで7000円~1万円を支払っているケースも珍しくないと思います

それが格安sim会社に乗り換えることによってかなりの削減になります

会社によりますが音声通話付きで2000円~3000円の最低料金で始められる会社も多くあります

行動すれば固定費は見直せます

固定費である通信費を見直すことで月々の貯金額を増やすことを達成していきましょう

【貯金の仕方】手の付けやすいのはなぜ格安simなのか

大手キャリアから格安simに乗り換えたとしても先ほど述べた、引っ越しのように生活が大きくかわりません

格安simとは

大手キャリアの回線を借り、提供される通信サービスです

詳しくはこちらの記事からどうぞ

格安simとは

格安といっても大手キャリアと同じ通信エリアが確保されています

デメリットはいくつかありますが、代表的なことといえば

通信速度が、大手キャリアよりも遅い
通話無制限のプランが無いキャリアが多い

ということでしょうか

通信速度については同じ会社でも早い時遅い時があったりするのでここでは詳しく述べませんが

少なくとも「約2300万件」という人が格安simを契約している、これだけ契約をする人がいるという事実がひとつの安心になるかなとは思います

たとえば

  • 最高速のスピードが要求される
  • 通話無制限でないと困る(通話無制限のプランがある格安sim会社もあり)

といった方以外は格安simに乗り換える事で通信費を抑え、月々の節約を行い、貯金額を上げることができます

誤解をおそれずにいうならば、大手キャリアは贅沢品であるとおもいます

高級車やハイスペックなパソコンであり、新幹線のグリーン車みたいなものだと思っています

家計を節約したい、貯金を増やしたいと考えるのであるならば

固定費を下げるうえで

これ、本当に必要なのかな」

という視点をもつことはとても大切です

 

格安sim会社は、それぞれに色々な特徴があり、ご自身にあったものもあるかと思います

合った会社を選ぶのが大変そうとか

やらない理由をあげればきりがありませんが、プランさえ間違えなければ

大手キャリアから格安simに変えるだけで

固定費の削減に間違いなくなります

貯金額増やしたい方、固定費を下げたい方是非チャレンジしてみてください

具体的な体験談はこちら

auからBIGLOBEモバイルへ乗り換えたレビュー良かったこと悪かったこと

【貯金の仕方】月々の貯金額を5千円増やす方法まとめ

貯金の仕方として固定費を節約する
固定費とは毎月固定で出ていく出費のこと
固定費を見直せばその後は労力がいらない
生活の大きな変化がない固定費の見直しとして通信費がやりやすい
大手キャリアから格安simに乗り換えるだけでかなり節約になる
いかがでしょう
固定費を下げることができれば、×12か月分の節約になんでもなります(12か月間電気のスイッチを気にする必要はありません)
ましてや通信はこれから何年もお世話になるものです
抑えられるなら押さえておきたいポイントであることが伝わったなら幸いです

最後までお付き合いありがとうございました

格安simのデメリットメリット気になる方は参考にこちらの記事もどうぞ

格安sim乗り換えのデメリットを解決していく方法