menu

【不眠】比較的軽めの不眠、そわそわ、不安感がある時に有効な入眠法、空想入眠方

【不眠】比較的軽めの不眠、そわそわ、何となく不安感がある時に有効な入眠法、空想入眠方とは

こう
元ひきこもりで看護師のこうです
わたしも不眠気味でした
わたしも結構な不眠だった時期があります
  • そわそわして寝付けない
  • 布団にはいってもじっとしていられない
  • 寝られないことに焦りを感じる
  • 朝方まで寝付けず次の日眠たい

不眠の原因も症状も様々

対処法も薬から行動療法と様々ありますが

この記事では

不眠の原因についてより

わたしがとった対処法のひとつを紹介していきます

性に合いそう、自分の場合に合いそうという場合試してください

くだらないと笑ってもらえるくらいの人に向いているかなと思う対処法です

調べる限り上検索されない

万人向けででないがゆえに教科書にものっていない対処法です

内容をお伝えすると

寝る前に空想、物語を考える

わたしはこれを空想入眠法とか呼んでいます

こう
「空想入眠法」
それっぽくないですかw

簡単にいうと寝る前に自由に妄想、空想の類をするだけです

なぜ

空想が入眠にいいのか

やらない方がいい空想、妄想

解説していきたいと思います!

是非最後までお付き合いくださいませ

空想入眠法がそわそわしたり、寝付けない場合になぜ良いのか

寝付けない理由は人それぞれですが

対象として

  • 寝る前になんらかの理由で不安感があったり考え事をしてしまう人
  • 当日の嫌なことや反省をしてしまう人
  • 脳疲労がありなかなか寝付けない人
  • 小説や漫画を執筆しようとしたことがある人

そんな方に向いている入眠法だと思います

空想入眠法がなぜいいのか

それは頭の中をそれいっぱいに満たすことができるからです

雑念や一日のストレス

振り返りなどで眠れなくなってしまう

眠られない不安感がある場合などなど

不眠気味の人の思考は悪い方向に傾きがちです

そこで

  • 妄想、空想で頭の中を満たして「ネガティブな感情を排出し」
  • 想像力を働かせ次の展開を考えることで「現時点だけに集中すること」

この効果によって眠りにつくことができます

副産物として楽しい想像が

夢で続くようなこともあります

わたしの体験としては

看護師の実習が辛すぎて、なかなか日中しんどいのに

こう
夢でも実習して
翌日起きても実習に行く・・・
あれはつらい体験でした
しかし、空想入眠法で入眠した場合
成功率は個人差があるでしょうが
楽しい想像が夢の中でそのまま続くことがあります
こう
夢の中でも
その冒険続いちゃうかも

空想入眠法の【やりかた】と【避けた方がいいこと】

寝る前に空想、妄想の類をするだけですが

おそらくこうした方がいい

これはやめた方がいいケースを説明していきます

1.ノンフィクションよりフィクションの方がいい

これは現実にあったことをベースにして考えすぎると、反省会になってしまったり

その時の嫌な気持ちや、嬉しい気持ちなど感情が高ぶりすぎて

入眠しにくくなる可能性があるからです

例)

仕事の嫌なことを妄想で拭い去ろうとしたら

いつの間にか凹んでいた なんてこと十分あり得ます

なので

現実ベースであるなら異世界設定など織り交ぜて

現実ぽくなくしたり

登場人物を現実の人にしすぎないようにした方が無難でしょう

2.前日の設定を引き継ぎあらすじを思い出した方が入眠しやすい

毎日(毎日これするか空想入眠法をするかどうかはともかくとして)違う設定や空想でも

勿論構いません

しかし、前日のあらすじを思い出そうとして

入眠前のぼやっとした思考のことを思い出そうとすると当然

曖昧な記憶をたどることになります

「昨日どんなのだったっけな」でも

ナレーション風でもかまいません

思い出してみましょう

いつの間にか寝ている場合があります

3.つじつまと合わせをしたりしなくていい気持ちいいのが正解

空想入眠法は寝る前の空想、妄想です

あまりの楽しさに「これ作家になれるんじゃね?」と思うこともあるかもしれません

しかし

作品となってくると物語の整合性や設定の不備は許されなくなってきます

メモをとったり文章を書き出したり

アウトプットも欠かせなくなるかもしれません

本末転倒にならないように

入眠困難を避ける場合は

空想、妄想に終始しましょう

自分にとって心地いい方が正解です

4.ついつい空想、妄想してしまったあの時の感覚を思い出そう

授業中に先生の話を聞かないといけないのに

空想してしまったあの時の感覚です

やらないといけない事があるのに

ついつい、空想してしまったあの時の感覚です

この感覚になることでより入眠しやすくなります

 

あなたは寝ないといけないのに

ついつい空想にふけってしまうのです
こう
もう、悪い子なんですから
冗談ぽい話ですが
根拠としては入眠できない緊張感にさらされている場合があります
この状態だと
「寝られない事」事態がストレスになっている場合があります
しかし
空想入眠法によって
「寝ないといけないのに」「よそ事をしている」という感覚を持つことで
「寝ないといけない」という緊張感から
あなたを解き放ってくれる可能性が高いのです
こっそり空想、妄想に没頭しましょう
実際には誰にも怒られませんしねw

5.盛り上がりすぎて逆に寝付きにくくなったらCMを入れる

あなたの想像力に火がついて楽しくなりすぎて

逆に寝付けなく場合もあるかもしれません

苦しんで寝付けない時よりずっといいですが

次の日がある場合はそうもいっていられません

CMを入れて、思考と感情をクールダウンさせましょう

CMは実際に見聞きしたものでも

想像のものでも構いません

一旦、思考と感情を遮ればなんでもかまいません

にやにやしながら、CMを入れCMあけの空想を

楽しみすぎないように楽しみましょう

空想入眠法への具体的な例え

実際何考えようと迷った方への具体的な案内になります

自分で出来る方は読み飛ばしましょう

1.知っているお話の主人公を自分にしてみる

桃太郎、シンデレラ、好きな商業誌の作品の主人公になってみましょう
あなたならどうするか・・・試してみるのも面白いかもしれません

2.好きな主人公の相方になってみる

好きな作品の憧れの主人公とデートしてみてもいいですし

主人公の元にいってみましょう、いいアドバイスくれたり

励ましてくれたりしてくれることでしょう

3.現実に憧れるあの人似のキャラクターと・・・

現実のあの人そのもものだと、お話が盛り上がりすぎると

逆に興奮して眠られなくなるかもしれません

名前をもじった横文字にしてみたり

髪の色や目の色を変えてみたり

それこそ空想して、デートや冒険を楽しんでみましょう

大丈夫誰も見ていません

にやにやしていいんです

心配なら布団を頭までかぶりましょう

4.復讐の・・・

あまりおすすめではありませんが

やはりトラウマやストレスが原因で眠られない

思考にどうしても出てきてしまう

そんな場合には、設定をずらして妄想に取り入れましょう

復讐内容がどれだけ残酷でも大丈夫

現実と混同さえしなければw

実際にやらなければ罪ではありません

ですが思考は行動に結びつきます

繰り返しているうちに・・・動機になってもいけないので程ほどに

あとは実行に移せないようなファンタジーな方法で復讐しましょうw

 

注意するべきポイントとしては

復習をしてスッキリするぶんには構いませんが

感情を高ぶらせてしまいすぎると、寝付きが悪くなってしまいます

逆効果は避けたいので以下の事に注意しましょう

フィクションにする、ファンタジーまでに落とし込む
人物と出来事、どちらか一方に分けて復讐する
復讐はスッキリを生み出しますが、嫌なことを復習しすぎると
感情が波立ち寝付きが悪くなります
復讐は劇薬です
ほどほどに摂取しましょうw

比較的軽めの不眠、そわそわ、何となく不安感がある時に有効な入眠法、空想入眠方まとめ

ちょっとまともな話をすると

真面目に研究してるひとに怒られちゃうかもですが

「私は大丈夫」といった感覚を養っていく点から

空想入眠法は行動療法に当たると思います

悩む人にとってみれば

解決する方法は

負担がすくなければ、なんでもいいのかなと思っています

原因を解決すれば、悩みもなくなるという点においては

原因を探ることも大切でしょう

しかし、もっとも求められるべきこととは

常に

解決した状態

であると思います

頭よさそうに、原因がこうだからと一般論を唱えるよりも

なんちゃってでいいんです

あなたが寝られて、辛さから解放されれば

なので、この方法が合わなけれは固執する必要ももちろんありません

空想、妄想があなたの睡眠を手助けしてくれるなら

今晩もいい冒険の旅にでましょう

あなたの睡眠を応援しています

こんな空想、妄想で眠れたって人がいれば

コメント欄で教えていただけると嬉しゅうございますw

 

最後までお付き合いありがとうございました

↓応援していだだけると、わたしよろこびます

ブログランキング・にほんブログ村へ

もうすこし、しっかりとした不眠解消の記事はこちらから

関連記事

看護師が教える不眠を改善する薬に頼らない2つの方法 こう 看護師のこうです、精神科の看護師を10年以上続けています こう 看護師になる以前から自分自身も不眠に悩まされていました 現在はすっきり寝られ[…]