menu

【メダカ】水合わせってなに?…メダカ初心者が絶対に知っておくべき事

【メダカ】水合わせってなに?…メダカ初心者が絶対に知っておくべき事

こう
メダカかわいいよメダカ・・・

小さな水槽にメダカを飼い始めてしばらく

二度目のお迎えを行うことにしました

(ドはまりの兆候がすでにみられていました)

結論としては

五匹のメダカのうち

一日めに一匹

二日後に二匹目

一週間後に三匹目が

天へ滝登り(●んでしまう)されました

水道水のカルキ(塩素)はメダカの呼吸を止めてしまいますが

【めだか】生き物の世話が苦手な人めだかを飼った結果
この記事で水道水がなぜいけないのかの説明をしています

今回、水は用意してあり

メダカの泳いでいる水槽へ

新たな子をお迎えしたわけです

何がいけなかったのでしょうか

結論として私が導きだした答えは

(おそらくですが)

1.水合わせが出来ておらず、ショックをおこした
2.弱っていたメダカを購入した

この二点の結論に至りました

二番目の理由に関しては

「人のせいにしてるんじゃないよー」と

言われてしまいそうですがちゃんと理由もあります・w・

今回は一番目の理由

水合わせが出来ていなかった

を深堀していきたいと思います

それではいってみましょう

最初から結論とまとめ、ショックを避ける為の「水合わせの手順」

メダカは容器の入れ替え時に

水温と水質にメダカを慣らしておかないと

急激な環境の変化でショック状態になり

最悪、当日から数日で天へ滝登りします(●んでしまう)

ショックを避ける為には「水合わせ」を行う必要があります

水合わせの方法は以下の手順になります

1.メダカの入った容器を新しくいれる容器に浮かべ温度を合わせる

2.温度がなじむまで30分から一時間くらいはおく

1.少量の水を移動先からすくいメダカのいる容器に入れる
(容器の大きさによるが100mlくらいを目安に)
2.入れた分だけメダカの容器から水をだす
(水は新しい水槽には捨てない)
3.10分以上の間隔を空けて2回から3回 1.2.の手順繰り返す
4.メダカのみをすくい新しい容器へ移す

次の項目からはより具体的に解説していきます

 

メダカをショックにさせない水合わせの方法、温度の合わせ方

1.メダカの入った容器を新しくいれる容器に浮かべる

2.温度がなじむまで30分から一時間くらいはおく

容器の大きさによって水温が合う時間も変わると思うので

こまやかにやりたい場合は温度計をつかったり一時間以上時間をかけましょう

繰り返しになりますが

お迎えする水槽の水はカルキを抜いた水が条件です

カルキを抜く暇がなかった人はカルキ抜きを購入しましょう

今は100円ショップにも置いてあります

紹介した商品はカルキを抜くだけでなくミネラルを含むものです

水温の次は水質を合わせていきます

1.少量の水を移動先からすくいメダカのいる容器に入れる
(容器の大きさによるが100mlくらいを目安に)
2.入れた分だけメダカの容器から水をだす
(水は新しい水槽には捨てない)
3.10分以上の間隔を空けて2回から3回 1.2.の手順繰り返す
4.メダカのみをすくい新しい容器へ移す

※最後にメダカだけを移すのは、古い水に生物にとっての毒、アンモニアや薬などが元々どれだけ入っているか分からないからです
危険をより避ける為に、メダカだけ移す方がよいらしいです

※pHの差が2以上あると起きやすいと言われていますが

メダカの体調にもよるので、出来るだけゆっくりと回数をかけてやるほうが安全ですし

メダカの為にも良いです

点滴のようにゆっくり水質合わせできるキットもあります

水温と水質(ph)が原因のショックを
メダカに起こさせない事が出来るようです

メダカが天へ滝登りした原因は「ショック」

ショックとはなにかというところも具体的に調べました

 

メダカをお迎えして

移動の時の容器から

「ドボン」新しい水槽に入れる

これやったらアカンやつです

(やってました)

するとメダカはショック状態になることがあります

ショックとは
生体に対する侵襲あるいは侵襲に対する生体反応の結果,重要臓器の血流が維持できなくなり,細胞の代謝障害や臓器障害が起こり,生命の危機にいたる急性の症候群

日本救急医学会

これは人間のショックですが、メダカもショックになるとどうなるかというと、生命の危機におちいるということですね

繰り返しになりますが水温の急激な変化やpHの

急激な変化が

生体に対する侵襲になり

ショックをおこしてしまうというわけですね

 

むごいことをしてしまいました

 

しかもこのメダカのショックの場合

その場で元気がなくなり一日で天へ滝登りすることもあれば

数日後に天へ滝登りすることもあるようです

始めの、あの「ドボン」の瞬間にそんなことが決まってしまう

メダカに悪い事をしてしまったと

反省しきりであります

 

メダカ沼への第一歩となった後悔とかわいさ

メダカを可愛い可愛いと眺めていましたが

 

当日に一匹、数日掛けて2匹が天へ滝登りしたことで

無知な自分を恥じ

学んだことを再学習しました

 

天へ滝登りしたメダカを目撃し

悲しみに暮れる長男

無力さに憤り八つ当たりしてしまう父(私)

よくわからないリアクションをする次男

意味がわかっていない長女

生き物を飼う辛さを思い出しました

 

原因としてはカルキではないです

もとよりメダカのいる水槽に

新たなメダカたちに入ってもらったので

原因は水道水ではありませんでした

困ったときはGoogle先生

YouTube先生です

メダカ 飼育 初心者

メダカ ●ぬ 原因

などで調べれば陥りやすい罠がわんさかでてきますし

メダカ本も買いました

最初に買ったのはこの二冊でした

子どもたちに興味をもって育ててもらいたい

そんな欲もありましたが

どうやらメダカ沼にもうこの段階で足を踏み入れていたようです

 

メダカだけでなく屋台ですくってきた金魚なんかもこの水合わせをしないことが

原因で天へ滝登りしていくのかもしれませんね

 

次回はもう一つの原因として考えられた

2.弱っていたメダカを購入した

を深堀していきたいと思います

↓ポチリと応援していただけると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

【メダカ】生き物の世話が苦手な人メダカを飼った結果 生き物の世話が苦手なわたしがメダカを飼った結果・・・ こう めだか可愛いよ・・・めだか     結論ありきすぎました・・・! […]