menu

【現役精神科看護師】が解説する入院病棟で求められるスキル(技術)

  • 2020年4月22日
  • 2020年5月2日
  • 看護
  • 5回
  • 0件

【現役精神科看護師】が解説する入院病棟で求められるスキル(技術)

こう
無資格時代から数えると
精神科勤務20年になる
看護師のこうです今回は
精神科看護のスキルについて
解説していきます

精神科の看護師はつかえない

なんて揶揄されることもありますが

他の科で培ったスキルがあまり役に立たない事があるのが

看護の世界です

 

精神科は

こうすれば正解」といった答えが出にくく

答えまでの道のりが様々な道筋を通る事も多いので

精神科看護師自体も自分たちのスキルを認識しにくいかもしれません

 

しかし「話す」「聴く」といった日常的な行動にみえることが

疾患の知識を深める事で問診レベルになり

理解を得てもらうために根気よく伝えていくことが

伝えるスキルになっていきます

気が付かない間にスキルを身につけているものです

こう
教科書にも載っている基本的なことから
現場で培ったノウハウを含め
わたしなりの解釈を含め
解説していきます

精神科看護に必要なスキル(技術)や能力をまとめていきます

精神科で求められる能力「スキルがスキルやツールであると理解できる」

話を聴くことひとつとっても、一言では言い表せないほど奥深いものです

ですが、聞くこと自体は誰でも出来ます

それゆえに

自分たちが高度に行っていることですら

「誰にでも出来るから」と卑下しがちでもあります

現場で使っているスキルはスキルであるという認識を持つことが

より精神科の看護技術を伸ばしていくことにも繋がります

こう

ようは自分たちに自信をもとう

ということであります

精神科でもとめられる能力「名前を覚える」

配属されてた病棟の患者さんの人数が何人かは分かりませんが

タグ管理などされていない場合が多いと思います

「まずは名前を憶えてください」と言われて60人近い名前を

覚えないといけないのか・・・と震えたのを覚えています

こう
そんなに覚えられるのか・・・?
と不安になりますが
大丈夫設けられた期間内には
覚えられないかもしれませんが
そのうち覚えられます

覚え方は人それぞれですが「早く覚えるスキル」に昇華できると

与薬業務などに素早く従事することが出来るかもしれません

「名前の覚え方」記憶力の育て方 精神科看護でもとめられる能力

精神科でもとめられる能力「確認能力」

医療現場では確認が大切で精神科でも同じです

不確実な医療行為は医療事故ひいては医療過誤を招くからです

患者さんを取り違えてしまったなどというニュースを

一度は聞いたことがあるかもしれません

事故の無いように

精神科でも様々なことを確認してから行います

確認能力は医療事故を防ぐ能力

間違いを減らす為には

自分の間違えやすさの度合いやパターンを認識する
指さし確認を取り入れる
確認作業を習慣レベルまで引きあげる
ダブルチェックを取り入れる

など、確認を確実に行っていく事で

ちょっとしたミスから大きな事故まで防いでいくことが出来ます

関連記事

【ダブルチェック】看護に取り入れる方法と6つ原則の解説 こう 看護師のこうです リスクマネージャーを しています うっかりものでもあります うっかり者の自分ですが ある程度の評価をいただき リスクマネ[…]

精神科のスキル(技術)「聴くスキル」


精神科では「聴くスキル」が大切になってくる場合が多いでです

上手くまとめられない人の意図をくみ取る
感情を聞き取る
発音が難しい患者さんの言いたいこと聞き取る
待つスキル
本心を話してもらう信頼関係を構築するスキル

聴くことから始まることがとても多く

忙しさからや、日常的であるが故に軽視されることもありますが

こう
患者さんの話を聴くところから
問題の解決がはじまります

記事予定 精神科のスキルで大切な「聴くスキル」の磨きかた

精神科のスキル(技術)「採血スキル」

月に一度入院患者さんは採血を行っている病院がほとんどでしょう

上手に採血をできることは患者さんにも喜ばれますし

入院病棟にひとりはいるであろう「採血しにくい患者さん」の

採血を見事に行うことができれば

他の看護師に頼りにされる場合もあります

磨いておいて損のないスキルです

血管を探すスキル
血管を出すスキル
針の刺入角度を考えられるスキル
血液の流出が止まった時にリカバリーできるスキル

などを鍛えることで採血のスキルは磨くことができます

記事予定 精神科で求められるスキル「採血スキル」の磨き方

精神科のスキル(技術)「情報を伝えるスキル」

患者さんに理解してもらえるように説明するだけでなく

看護師や医師への情報提供など

分かりやすく伝えるスキルは大切で治療のスピードにも繋がります

相手の理解できる言葉を選ぶスキル
相手の理解を確認しながら話すスキル
伝えるための手段を選ぶことの出来るスキル

などを磨くことで「情報を伝えるスキル」は磨くことが出来ます

記事予定 精神科のスキル「情報を伝えるスキル」の高め方

【現役精神科看護師】が解説する入院病棟で求められるスキル(技術)まとめ

精神科で重要視されるスキルをわたし的にピックアップしてみました

それぞれのスキルを伸ばしていく

確実に行えるだけで精神科看護の現場で

有用に働けるようになると思いますし

「聴く」スキルなどは他の看護の現場だけでなく

コミュニケーションの機会、人間関係などでも

実に有用なスキルであると思います

機会があれば

深堀した記事を書いていきたいと思います

関連記事

【精神科看護師】病棟勤務のやりがいを現役看護師が解説 こう コメント無資格時代から数えると 精神科勤務20年になる 看護師のこうです 「仕事として精神科に興味がある」 「精神科に転職を考えている」[…]

最後までお付き合いありがとうございました

↓ぽちりと応援していただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ